フリーランスエンジニア1年目の収支を振り返ってみた

フリーランスライフ

フリーランスエンジニアのあべりゅうです。

私が会社を辞めてフリーランスとして働き始めたのが2016年の11月。

2017年は初めて一年間まるまるフリーランスエンジニアとして働いたので、年末に今年一年の収支を振り返ってみようと思います。

 

2017年の収入源は?

フリーランスエンジニアとして働いたこの一年。

まずはどんな収入があったのか、振り返ってみます。

 

常駐型フリーランス

主な収入源は、常駐型フリーランスエンジニアとしての収入でした。

私はエージェントと契約して仕事を紹介してもらっていたので、月の収入は安定していましたね。

 

はじめての副業:ロボ&プログラミング教室

4月から、都内のロボ&プログラミング教室で副業をはじめました。

以前からプログラミング教育に興味があったのと、子どもに何かを教える仕事をやってみたかったからです。

やってみての感想は、とても楽しかったんですが、やっぱり教える子によって、こちらのモチベーションも変わってしまいますね。

やる気があって頑張り屋の子は本当にかわいいですし、教えてて楽しいですが、そうでない子は。。。

拘束時間も長かったので、来月で辞めることにしました。

収入としては、1万円〜7万円と幅がありました。

 

はじめてのスモールビジネス:ブログ

ブログ自体は今年の3月から書き始めていましたが、8月からはアフィリエイトに取り組み始めました。

こちらはなかなか結果が出ない日々が続いていますが、今月ようやく初めてのアフィリエイト報酬が確定しました。

収入としては、アドセンスのみで100円未満のときもあれば、1000円を超える月もあったりと、安定はしてないですね。

 

2017年の支出は?

続いて、今年お金を使ったことを振り返ります。

 

プログラミングスクール

今年の大きな支出といえば、プログラミングスクールに通い始めたことでしょうか。

9月から、DIVE INTO CODEに通って勉強しています。

お値段は30万円ほど。

webアプリの勉強をするためと、リモートで副業できるようになるために始めました。

自己投資としてはお安いもんです。

フリーランスなら経費にできますしね。

 

その他、節税とか資産運用とか

最後に、収入や支出とは直接関係ありませんが、節税や資産運用などに月にいくらまわしているのか、振り返ってみます。

 

節税:小規模企業共済

まずはフリーランスの節税対策として有名な、小規模企業共済です。

私は毎月、満額の7万円をおさめていました。

こちらは全額所得控除の対象になります。

 

節税:確定拠出年金

401kといわれる、個人型年金ですね。

こちらも満額の68,000円を掛けていましたが、今はストップさせてます。

確定拠出年金を下ろせるのは60歳以降なので、それがデメリットに感じたためです。
来年からは、代わりにつみたてNISAを始めます。

といっても、つみたてNISAは月の満額が33,000円なので、残りの35,000円の使い道を考える必要がありますね。

 

資産運用:投資信託

ネットバンクで投資信託を毎月5万円ほど積み立てています。

積み立ててるのは、世界経済インデックスファンドというものです。

私は自分でポートフォリオを考えるのが面倒に感じたので、バランスファンドを購入しています。

今のところプラスですが、今後どうなるかはわかりません。

長期運用するのが目的なので、ほったらかしにしてます。

 

資産運用:ロボアドバイザー

8月からはロボアドバイザーのWealthNaviへの積立を始めました。

こちらも月5万円です。

今のところ順調に運用できてるようですね。

こちらももちろん、今後どうなるかわかりませんが、長期運用が目的なので、短期での結果は気にしません。

 

まとめ

以上、簡単にですが、フリーランス1年目の収支を振り返ってみました。

フリーランスエンジニアになって月の収入が上がったおかげで、お金の使い道に幅ができました。

あとは毎月の貯金ももっと運用にまわしていければと思っています。

 

フリーランスのお金事情が気になる方の参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました